ヒノキ

建築の上で最高級といわれる木

ヒノキは神社仏閣を建築する際に広く用いられてきた木で、日本の木造住宅の建築においても最高級の木材として知られています。
日本と台湾にのみ生息しているかなり長寿の木で、台湾ではなんと2,000年以上生息しているヒノキもあるのだそうです。

その長寿さからもわかるように、ヒノキは大変耐久性が強く、ヒノキを用いて建築された法隆寺は、1,300年以上経っているのにいまだ健在。
鉄筋コンクリートはもって100年程度といわれていますので、建築において最高級の木材であることもうなずけます。
またヒノキは油分を多く含むため質感がよく、床などに使用するとあたたかみや美しい光沢があり、とても気持ちのよい空間になるほか、ほっとする香りを放つため、ヒノキ風呂が作られることもあるほどです。

ヒノキとスギの見分け方

スギの木も建築材料として使用されることが多い木ですが、ぱっと見て違いがわかりにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。
一番簡単な見分け方としては、木を切った株の色を見てみるとよいでしょう。
杉の切り株は中央が黒くなっているのに対し、ヒノキは中心部分も白いです。

また葉にも違いがあり、スギの木は葉が縦になっているのに対し、ヒノキは横に広がる感じで葉が形成されています。
木の上を見てもなかなかわからないので、落ち葉をチェックしてみると木を切らずとも違いを見分けることが可能です。
山歩きの際には、ヒノキとスギを見比べて見るのも楽しそうですね。

アロマテラピーとしてのヒノキの効果

ヒノキの香りについて前述しましたが、ヒノキはアロマテラピーにも用いられています。
主な効能としては、心身のリフレッシュ効果や抗アレルギー作用などが知られていますが、スキンケアとして使われることもあり、脂性肌のバランスを整えてくれます。
すっきりした香りに加えて消臭効果や抗菌作用があるので、掃除をする時に使用されることも多いです。

ここで、ヒノキのエッセンシャルオイルで作るアロマスプレーをご紹介します。
清潔なスプレー容器に無水エタノールを5mlにヒノキのエッセンシャルオイルを4滴、ミネラルウォーターか精製水45mlを加えてよく混ぜれば出来上がりです。
これを床にスプレーしてから拭き掃除をすれば、ホコリが舞い上がることなくきれいにできる上に、抗菌効果で雑菌を回避できます。
またガラスクリーナーとして使うのもおすすめです。

ヒノキのエッセンシャルオイルを浴槽に数滴加えれば、簡単に檜風呂を楽しむことができます。
ヒノキの香りでリラックスできる上に、鎮静効果で肌荒れなどを改善してくれる効果も期待できますので、入浴の際にはぜひ試してみてください。