カリン

中国原産の樹木で日本でもなじみが深いカリン

カリンは中国が原産の樹木で朝鮮半島や日本で主に栽培されていますが、フランスなどのヨーロッパでも作られているところがあります。
木は環境によって高くなり、8メートルほどになることも珍しくありません。
葉っぱは10センチから15センチの大きさと比較的大きくなり、細かなのこぎり状の縁を持っているのが特徴です。

4月から5月の春の時期に花をつけ、ピンク色をした3センチ程度の美しい花となります。
カリンを育てている人の多くは、その実を目的としていることが多いですが、この春に咲く花もとても見事で美しいので、観賞をするために栽培しているというケースもあります。
実は10センチから15センチくらいの大きなもので、卵形をしていて黄色からオレンジ色のごつごつとした果皮を持ちます。

果実酒などに用いられることが多いカリンの実

カリンは果樹園で大量に育てられることもありますし、自宅の庭で育てられるというケースもあります。
その目的はほとんどの場合、実を取ることです。

というのも、カリンの実には独特の香りと苦みがあって、その味を好む人が多いからです。
そして、それに増してカリンの実には様々な有効成分が含まれていて、健康増進や病気予防に役立つとされているという理由があります。
カリンにはクエン酸やリンゴ酸、サポニンやタンニンなどが豊富に含まれていて、漢方薬としても利用されるほどです。

いろいろな用いられ方がありますが、果実酒として作られるのが一般的で、去痰や体を温める、整腸効果などを示します。
シロップのようにして砂糖漬けにした液を飲むことで咳止めに効くと考えられていることもあって、冬の時期などに特によく用いられる果実となっています。

お菓子や料理などにも用いられる

カリンはそのままでは皮がとても硬いですし、相当な渋さがありますので、生食には向いていません。
しかし、他の柑橘類と同様にペクチンが非常に多く含まれていますので、細く切って砂糖と煮ることによって粘りが出てジャムとして利用することができます。
また、砂糖漬けにしてお菓子として食べたり、乾燥させた後に料理に用いることもあります。

漢方薬の原料として用いられ、木瓜という名称で使用されてもいます。
独特の香りがありますし、様々な有効成分があって昔から民間療法の材料としても利用されてきた、日本人にはなじみの深い果実と言うことができます。
たくさんの用途がありますので、健康のことを考えて上手に使ってみたいものです。

カリンは季節によって比較的安く手に入りますので、自分でジャムや果実酒、砂糖漬けなどにして楽しむのも良いでしょう。
簡単にできるレシピなどもインターネットで見つけられますので、チャレンジしてみたいものです。