シイタケ

きのこの中でも郡を抜く栄養価がる

しいたけは日本の食卓には欠かせないきのこのひとつです。
きのこは栄養価が高い食材として知られていますが、その中でもしいたけは特に栄養が豊富なきのこで、タンパク質に食物繊維、ビタミンB群、D、鉄分や亜鉛など、幅広い栄養がぎっしり詰まっています。

そのほか、しいたけががん細胞の生成を抑える働きがあるというのは、昔からいわれていることのひとつなんです。
しいたけにはレンチナンという成分が含まれていて、がんの発症や進行を抑えてくれるといわれています。
またレンチナンは免疫力を高める効果も期待できるため、アレルギーやさままな不調改善に効果的です。
エリタデニンという成分は動脈硬化を予防してくれますし、エルゴステロールという成分はビタミンDに変化し、カルシウムの吸収を促してくれるなど、しいたけは実にいいことづくめの食材なのです。
健康にはもちろん、豊富なビタミン群が美肌づくりにも効果を発揮してくれる上、いくら食べても食べ過ぎということがなく、好きなだけ食べられるのも助かります。

価格も安価ですし、いつでもスーパーで手に入れることができる手軽でうれしい食材ですが、人によっては独特の風味が苦手だったり、食感が好きじゃないという人もいる様子。
そこで、しいたけが苦手な人もおいしく食べられるレシピをいくつかご紹介したいと思います。

しいたけがどんどん食べられるおすすめレシピ

しいたけの食感が苦手という人は、シンプルに焼いて食べればグニャッとしにくいのでおすすめです。
網焼きしてほんの少し醤油を垂らして食べるのもシンプルでおいしいですが、オリーブオイルでにんにくを熱し、香りが移ったところでしいたけを入れて、シンプルに塩コショウで味付けして食べるのも食べやすいです。
しいたけというと和食を思い浮かべるようですが、和の調理法だと食べにくいけれど、洋風に調理することで食べやすくなったという人は意外と多いです。

風味が苦手という人は、バターやチーズを使って調理することで独特の風味を軽減することができます。
バター炒めが一般的ですが、しいたけを裏返してとろけるチーズを入れて焼くと、しいたけの風味が気になりません。
またチーズを乗せてトースターで焼くだけなので、キッチンを汚さずにすぐ作れてしまう手軽さもうれしいですね。

どうしても苦手という人は、細かくみじん切りにして炊き込みご飯にしてしまうという方法もあります。
スープに入れてもよいですが、スープだと風味や食感が目立つので、味をしっかりつけた炊き込みご飯に加えてしまいましょう。
中華は味付けが濃いので、しいたけの風味を消したい時は中華風に調理するのもおすすめです。